「競馬新聞とサヨナラ!通信」V ol.148「京王杯2歳ステークス(GⅡ)2022」出走馬診断

2022年10月

競馬は大好きだけど

「出馬表を見ても、

自分がどの馬から買えばよいのか、

理由やヒントが見つけられない」

そんな経験はありませんか?


恥ずかしながら

長い間わたし自身もずっとそうでした。

 

ですが、

競馬をもっと楽しんでいくために、

「自分だけの馬券術」を

身につけていきたいと思い、

JRAサイトで無料で閲覧可能な

過去のレース映像や、

過去の競走馬たちが

残していってくれた

データなどから、

「なぜ自分がこの馬券を購入したいのか」の

理由を持てるようになりました。

 

全重賞レースでです。

 

いつもブログを読んでくださり

ありがとうございます!

カレー屋さん勤務一筋の

「かれ~屋さん」です。

 

このブログを読んでくだされば

「なぜ自分がこの馬券を購入したのか」

その理由を持てるようになる

一助になると思います。

 

競馬仲間と語り合う時の

ネタも拾えると思います。

今回は「GⅡ京王杯2歳ステークス2022」の

馬券購入へ向けたヒントを

探していきたいと思います。

 

G2京王杯2歳ステークス自体のデータ①→

データ的には近10年

馬券内馬30頭中12頭、

「5番人気以下の馬」が好走していた。

(4番人気以下で見ると17頭)



G2京王杯2歳ステークス自体のデータ②→

データ的には「5番人気以下の馬」が

近10年中8年で最低1頭以上

馬券圏内に好走していた。

(4番人気以下で見ると10年中10年)



近10年の「4番人気以下」の好走馬と同じキャリアタイプの出走馬→

近10年で「4番人気以下」の好走馬が17頭おり、

今年もフルゲートが濃厚にも関わらず、

 

2022年の出走予定馬の中では

「1200mG3勝ち鞍」があった

というデータに該当している

「ロンドンプラン」(予想段階で1番人気)1頭のみ。



近10年の「4番人気以下」の好走馬に一部重なるキャリアタイプ「1つ目」→

前走「東京競馬場の芝1400mか1600m」を

「3番人気以内」に推され、

力の違いを見せつけての

完勝からのローテーション。

 

「今年の該当馬」
ノーブルラン(予想段階で11番人気)
(ただし、同馬は前走「新潟競馬場」)

シェーンプリマー(予想段階で13番人気)
(ただし、同馬は前走「7番人気」「減量騎手騎乗」で、

内容的には「快勝」ではあるが、

「力の違いを見せつけた」まではいかない



近10年の「4番人気以下」の好走馬に一部重なるキャリアタイプ「2つ目」→

前走「中山競馬場芝1600m」の

「未勝利戦」で1着か

「1勝クラス」で2着以内の実績があった。

 

「今年の該当馬」
アンタノバラード(予想段階で9番人気)
ただし、過去の好走馬は前走「牡牝混合戦」で「稍重」。
(同馬は前走「牝馬限定戦」で「重馬場」)。

且つ、過去の好走馬は

「新馬戦4番人気→未勝利戦1番人気→未勝利戦1番人気」で、

同馬は

「新馬戦5番人気→未勝利戦3番人気→未勝利戦5番人気」



近10年の馬券内好走馬に一部重なるキャリアタイプ→

「初勝利」が

「力の違いを見せつけての完勝」だった

実績を持っていた馬。

 

 

「今年の該当馬」
・ノーブルラン(予想段階で11番人気)
・ペースセッティング(予想段階で5番人気)
・ヤクシマ(予想段階で4番人気)
・ロンドンプラン(予想段階で1番人気)



近10年のマイナスデータ①→

データ的には近10年

1200mの芝重賞馬券内実績か

(G3小倉2歳ステークスかG3函館2歳ステークス)

芝の1200mか1400mのOP勝鞍の無かった

「阪神、小倉、札幌競馬場」以外の

「1200mの新馬戦」出走馬は

1頭も馬券圏内叶っていない。

 

「今年の該当馬」
・アスクドリームモア(予想段階で3番人気)
・ショッキングブルー(予想段階で14番人気)
・スピードオブライト(予想段階で10番人気)
・デイドリームビーチ(予想段階で15番人気)
・ブーケファロス(予想段階で8番人気)
・ペースセッティング(予想段階で5番人気)
・ミシェラドラータ(予想段階で17番人気)
・ミスヨコハマ(予想段階で6番人気)



近10年のマイナスデータ②→

データ的には近10年

「芝1200m」デビューで

「重賞馬券内実績」、「OP勝ち鞍」、

「OPで1番人気に推された実績」の

いずれも持っていなかった臨戦馬は

1頭も馬券圏内叶っていない。
(注:上記の「マイナスデータ①」の該当馬は除く)

 

「今年の該当馬」
・フロムダスク(予想段階で7番人気)
・ヤクシマ(予想段階で4番人気)



近10年のマイナスデータ③→

データ的には近10年

前走「ダート戦」からの臨戦馬は

1頭も馬券圏内叶っていない。

 

「今年の該当馬」
・マーブルマカロン(予想段階で18番人気)


「競馬新聞とサヨナラ!通信」的な馬券候補6頭→

・エナジーチャイム(予想段階で2番人気)
・アンタノバラード(予想段階で9番人気)
・シェーンプリマー(予想段階で13番人気)
・ノーブルラン(予想段階で11番人気)
・ヤクシマ(予想段階で4番人気)
・ロンドンプラン(予想段階で1番人気)

同週の「G3ファンタジーステークス2022」出走馬診断はこちら


出走馬診断を終えてみると…

 

結果はどうあれ、

「競馬新聞とサヨナラ!通信」的には

予想段階で「牡馬」は3頭しか

馬券候補にはしないという事が

「トキメキポイント」となりそうな感はあります。

 

引き続き仲間と熱く語り合い、

楽しみながら予想を続けていけたらと思います!


本日と明日の阪神競馬場近隣天気予報

今週も年間回収率を高められるような
馬券を考えていきたいですね!
仲間と熱く語り合い
今週も競馬ライフを
楽しんでいきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました