「競馬新聞とサヨナラ!通信」Vol.139「ローズステークス(GⅡ)2022」出走馬診断

2022年9月

競馬は大好きだけど

「出馬表を見ても、

自分がどの馬から買えばよいのか、

理由やヒントが見つけられない」

そんな経験はありませんか?


恥ずかしながら

長い間わたし自身もずっとそうでした。

 

ですが、

競馬をもっと楽しんでいくために、

「自分だけの馬券術」を

身につけていきたいと思い、

JRAサイトで無料で閲覧可能な

過去のレース映像や、

過去の競走馬たちが

残していってくれた

データなどから、

「なぜ自分がこの馬券を購入したいのか」の

理由を持てるようになりました。

 

全重賞レースでです。

 

いつもブログを読んでくださり

ありがとうございます!

カレー屋さん勤務一筋の

「かれ~屋さん」です。

 

このブログを読んでくだされば

「なぜ自分がこの馬券を購入したのか」

その理由を持てるようになる

一助になると思います。

 

競馬仲間と語り合う時の

ネタも拾えると思います。

今回は「GⅡローズステークス2022」の

馬券購入へ向けたヒントを

探していきたいと思います。


いつも使用している

過去の馬達が残していってくれた貴重な財産である

「近10年のデータ」ですが、

「G2ローズステークス」は

以前は「阪神芝1800m」で

施行されていたのですが、

 

近2年は「中京芝2000m」で

施行されているため、

今回と同条件での施行は2年しかない為

サンプルが少ない為、

データ系はあまり信頼すべきではない

タイミングだと思っています。

それでは「出走登録馬」を順にみていきたいと思います!



アートハウス→

3走前のエリカ賞は

この時期の2歳牝馬には厳しい条件の

牡牝混合阪神2000m戦で、

勝ち馬は2走後に

G2スプリングカップで3着に好走する

「サトノヘリオス」で、

1勝クラスにしては

相手が強かった感はあるが、力負けの内容。

2走前の忘れな草賞は

2着以下は今の所重賞好走馬ゼロの

メンバー構成に恵まれた感はあるが、

約4カ月の休み明け

且つ前走から+10kgの

キャリアハイの馬体重での参戦

 

インの前有利な展開を、

外枠7番枠発走からではあったが、

川田ジョッキーが経済コースを活かせた

好騎乗の後押しがあった感はあるが、

道中5番手追走から差す競馬で、

ゴール前では余裕を持って

2着以下を3馬身以上千切っており、

力の違いを見せ付けた。

前走G1オークスは好枠から

直線まで経済コースを活かして

脚を溜められた展開利があった感はあるが、

早めに自ら勝ちに行く

真っ向勝負での敗戦で、

見た目ほど悲観すべき内容ではないが

力負けの内容。

内容良化継続中で引き続き要注意。

示してきた内容からは

通用するかどうかは別問題も、

前走でG2挑戦権持てる内容は示せており、

確かな重賞馬券内実績が無い同馬は

 

「G1秋華賞」へ向かうためには

結果が欲しいタイミングで、

世代G1好走馬不在の今回は

前走一度の敗戦で見限るには

時期尚早な内容は示している。

データ的には近2年

「キャリア5戦未満」の臨戦馬は

1頭も馬券圏内叶っていない。

果たして…



ヴァンルーラー→

5走前のG3フェアリーステークスは

見所なく完敗。

4走前の白梅賞は

牡牝混合戦で

勝ち馬「カワキタレブリー」は

G2デイリー杯2歳ステークスで

3着の実績もあり、

2走後のG1NHKマイルカップで

3着に好走する

「世代最上クラスの素質馬」で

1勝クラスにしては

相手が強かった感はあるが見所なく完敗。

3走前の君子蘭賞は

2着「シンシアウィッシュ」は

次走G2フローラステークスで

3着に好走する素質馬も、

小頭数でスローで楽に逃げられた

展開利があった感はあり、

価値は微妙なタイミング。

2走前のG2フローラステークスは

インの前有利な展開を、

不利な大外15番枠発走から、

10番手追走で、

終始前に壁が作れない形で

埒から4頭分以上外並走強いられ続ける

非常に苦しいポジショニングからの

真っ向勝負での敗戦で、

 

勝ち馬「エリカヴィータ」から

0.9秒差での敗戦ならば

見た目ほど悲観すべき内容ではないが、

目立った内容でも無い。

前走三木特別は、

初の古馬牡牝混合戦挑戦で、

好枠から経済コースを活かし、

直線まで脚を溜められた

展開利があった感はあるが、

 

早め先頭の真っ向勝負で

勝ち馬とタイム差無しで残しており、

G3紫苑ステークス3着の実績ある

「ミスフィガロ」には先着してはいる。

明確な重賞馬券内実績があるのは

1頭のみの今回は、

示してきた内容からは、

引き続きの成長と展開利があれば、

3着くらいに引っかかっても

驚けない内容は示している。

惑星候補の資格はある。

データ的には近2年

「G1オークス」以外の

8月2週目より前のレースからの臨戦馬は

1頭も馬券圏内叶っていない。

果たして…



エグランタイン→

2走前の都井岬特別は

約3ヶ月の休み明けで、

前走から馬体重プラス18kgでの出走で、

 

勝ち馬「ラリュエル」は

夏場の成長力次第では

世代牝馬限定G3挑戦権を持てる

内容を示していた馬で、

 

枠順、展開コース取りを考慮すれば、

ゴール前一段をギアを上げての

0.2秒差での敗戦ならば

「ラリュエル」の成長度次第では

好内容の可能性は残すタイミング。

前走小倉1勝クラスは

今の所2勝クラス好走馬ゼロの

メンバー構成に恵まれた感はあるが、

早め先頭の横綱競馬で

2着以下を3馬身以上千切っており

力の違いを見せつけた。

示してきた内容からは、

近2走で馬体重プラス20kgで

前走キャリアハイの馬体重を

更新しながらの内容良化継続中。

 

2走前の内容からも、

通用するかどうかは別問題も、

初挑戦の「中京競馬場」がプラスに向き、

引き続きの成長と展開利があれば、

好走しても驚けない内容は示している。

惑星候補の資格はある。

データ的には近2年

「4大競馬場(東京・京都・阪神・中山)の1600m以上のレース」で

勝ち鞍の無かった臨戦馬は

1頭も馬券圏内叶っていない。

 

もう一つ、近2年

「重賞未経験且つ、キャリア8戦未満」の臨戦馬は

1頭も馬券圏内叶っていない。

果たして…



サリエラ→

2走前の東京新馬戦は

2着以下は今の所2勝クラス好走馬ゼロの

メンバー構成

楽に逃げられた展開利があった感はあるが、

2着以下を3馬身以上千切っており、

力の違いを見せつけた。

前走東京1勝クラスは

2022年3月にG3フラワーカップ出走を

予定していたところ、

左前骨瘤の為回避となり、

休養に入っていたため、

怪我から約2ヶ月で約半年振りの実戦。

 

2着以下は今の所1勝クラスで

2着以内に好走できていなかった

メンバー構成に恵まれた感はあるが、

インの前有利な展開を、

7番手追走から上がり32.9の末脚を繰り出し

差し切っており、

内容は着差以上に2着以下の馬たちを上回る。

示してきた内容からは

重賞好走級の馬たちとは未対戦で、

道中揉まれた経験もなく、

 

デビューから9ヶ月以上経つものの、

前走「馬体重422kg」と

キャリアワーストを更新しており、

馬体の成長が見られない。

 

通用するかどうかは別問題も、

重賞挑戦権を持てる内容は示しており、

今の所負け無しで引き続き要注意。

が、来ても来なくても、

予想段階で人気に推される程の

内容は示せていない。

データ的には近2年

「重賞未経験且つ、キャリア8戦未満」の臨戦馬は

1頭も馬券圏内叶っていない。

果たして…



セントカメリア→

2走前のあずさ賞は

2着「ガイアフォース」

3着「マテンロウスカイ」は

キャリアを通じて馬券圏内外しておらず、

共に次走1勝クラスを

勝ち上がっている牡馬ではあった。

 

が、直線まで並びかけられることもなく

楽に逃げられた

展開利があった感はあるが、

ゴール前でも

後続に差を詰めさせておらず、快勝。

が、特殊な適性が問われる度合いが強い

「重馬場」で別枠。

前走月岡温泉特別は

前走から約3ヶ月の休み明けで、

前走からプラス12kgの

キャリアハイの馬体重での参戦。

 

勝ち馬「ラーグルフ」は

G1ホープフルステークスで

3着の実績がある素質馬で

2勝クラスにしては

相手が強かった感はあるが、

力負けの内容。

が、「新潟競馬場」で別枠。

示してきた内容からは

近3走特殊な適性が問われる度合いが

強い条件下でのレースが続いており、

現状の真価が分かりづらいタイミング。

 

通用するかどうかは別問題も、

重賞挑戦権を持てる内容は示しており、

引き続きの成長と展開利があれば

好走しても驚け無い内容は示している。

惑星候補の資格はある。

データ的には近2年

「4大競馬場(東京・京都・阪神・中山)の1600m以上のレース」で

勝ち鞍の無かった臨戦馬は

1頭も馬券圏内叶っていない。

 

もう一つ、近2年

「重賞未経験且つ、キャリア8戦未満」の臨戦馬は

1頭も馬券圏内叶っていない。

 

もう一つ、近2年

重賞出走経験がなく、

8月の3週目より前のレースからの臨戦馬は

1頭も馬券圏内叶っていない。

果たして…



パーソナルハイ→

6走前の赤松賞は、

1着「ナミュール」は

後のG1オークス3着馬、

 

3着「スターズオンアース」は

後にG1桜花賞とG1オークスを制して

クラシック2冠達成しており

1勝クラスにしては

メンバーレベルが高かった感はある。

 

内容的には、絡まれずに逃げられた

展開利があった感はあるが、

真っ向勝負で「スターズオンアース」に

1馬身半先着しており好内容。

5走前のG1阪神ジュベナイルフィリーズは

見所なく完敗。

4走前のG3フラワーカップは

約3か月の休み明けで

出走は確定していなかったとはいえ、

次走G1桜花賞へ向けての

余力残し仕上げだった感はあるが、

スタート直後に躓いてしまい

行き脚付かず後方からの競馬で、

直線まで埒沿いで脚を溜められた

展開利があった感はあるが

目立った内容ではない。

3走前のG1桜花賞は

経済コースを活かせた馬が

有利な馬場傾向が強い一日のレースで、

好枠から経済コースを活かせた

展開利があった感はあるが、

直線で「ピンハイ」と接触し、

減速し、踏み直す不利を受けながら

勝ち馬「スターズオンアース」から

0.2秒差まで差を詰めており、

「メンタルの強さ」を見せつけた感はあり、

悲観すべき内容ではない。

 

が、9着「サブライムアンセム」までは

勝ち馬から0.2秒差圏内で走っており、

「かなり内側を通れた恩恵が強い馬場傾向」

だった感は否めず、過信は禁物な内容。

2走前のG2フローラステークスは

「シンシアウィッシュ」との

「ハナ争い」を制して逃げを打ち、

後続を引き離して逃げての真っ向勝負で

勝ち馬「エリカヴィータ」から

0.1秒差で残しており、好内容。

前走G1オークスは

4走前から約2ヶ月間で

まともな休みを挟まず

G1を2戦含めて重賞4連戦目

余力が心配なタイミングではあったが、

見所なく完敗。

示してきた内容からは

「逃げられた時」の方が

内容が良い可能性が高く

 

3度G2挑戦権を持てる内容は示しており、

「中京競馬場」では未勝利戦ではあるものの

1戦1勝で負け無しで、

休養を挟んでリフレッシュでき、

再度成長曲線に乗せてこれるようであれば、

好走しても驚けない内容は示している。

惑星候補の資格はある。

データ的には近2年

「4大競馬場(東京・京都・阪神・中山)の1600m以上のレース」で

勝ち鞍の無かった臨戦馬は

1頭も馬券圏内叶っていない。

果たして…

 

 

ヒヅルジョウ→

2走前のカーネーションカップは

直線まで埒沿いで脚を溜められた

展開利があった感はあるが、

前有利の展開を11番手追走から

大外を回して追い込んでの敗戦も

目立った内容ではない。

前走札幌1勝クラスは

3か月の休み明けで、

初の古馬混合戦挑戦ではあったが、

2着「マイシンフォニー」は

G2で2度の4着の実績がある素質馬も、

楽に逃げられた展開利があった感はあるが快勝。

が、特殊な適正が問われる度合いが強い

「洋芝」で別枠。

内容良化継続中で引き続き要注意も、

2走前と同等のパフォーマンスでは

今回馬券内に好走するのは難しそうな感はあり、

2走前からの約4か月間の

成長度が問われる一戦。

果たして…



ブルトンクール→

3走前のG3フェアリーステークスは

「ライラック」が出遅れ、

「スターズオンアース」が

最終コーナーで囲まれ動けず踏み遅れ、

直線入り口で接触でバランスを崩す

不利を受けていた展開利があった感はある。

 

4.5.6.8着だった先行勢は

直線入り口からゴールまで

脚色も同じまま、

そのまま流れ込んでの入選で、

内容に大差はなく目立った内容ではなく、

上位2頭とは着差以上に内容差がある感はある。

2走前のアネモネステークスは

今の所重賞好走馬ゼロの

メンバー構成に恵まれた感はある。

 

終始埒から4頭分以上外並走強いられ続ける

非常に苦しいポジショニングからの

真っ向勝負での敗戦も、

見所なく完敗。

前走遊楽部特別は

初の古馬混合戦挑戦も、

今の所OP好走馬ゼロのメンバー構成

逃げられた展開利があった感はあり、

目立った内容ではない。

が、特殊な適性が問われる度合いが強い

「洋芝」で別枠。

緩やかに内容良化継続中で引き続き要注意も、
今の所G1トライアル重賞で
好走を期待させるほどの
明確な内容は示せていない。

データ的には近2年

「G1オークス」以外の

8月2週目より前のレースからの臨戦馬は

1頭も馬券圏内叶っていない。

 

もう一つ、近2年

前走条件戦で3番人気以下からの臨戦馬は

1頭も馬券圏内叶っていない。

果たして…



ベリーヴィーナス→

3走前の中京未勝利戦は

勝ち馬「ストーリア」は

通用するかどうかは別問題も

重賞挑戦権を持てる内容を示している

素質馬ではあったが、

同馬は3着条件戦馬「サトノリーベ」と

ほぼ互角の内容で目立った内容ではない。

2走前の中京未勝利戦は

2着以下は今の所1勝クラス好走馬ゼロの

メンバー構成に恵まれた感はあり、

前有利な展開を3番手追走から

先行出来た展開利があった感はあるが、

横綱競馬で快勝。

前走小倉1勝クラスは

初の古馬混合戦挑戦で、

勝ち馬「エグランタイン」は

通用するかどうかは別問題も、

G3挑戦権を持てる内容は示しているが、

前有利な展開を楽に逃げられた

展開利があった中での完敗。

示してきた内容からは

「中京競馬場」では

「ストーリア」以外には負け無しで、

ベスト舞台の可能性を秘める内容を示しているものの、

今の所G1のトライアル重賞で

好走を期待させる程の

明確な内容は示せていない。

データ的には近2年

「4大競馬場(東京・京都・阪神・中山)の1600m以上のレース」で

勝ち鞍の無かった臨戦馬は

1頭も馬券圏内叶っていない。

 

もう一つ、近2年

「重賞未経験且つ、キャリア8戦未満」の臨戦馬は

1頭も馬券圏内叶っていない。

 

もう一つ、近2年

重賞出走経験がなく、

8月の3週目より前のレースからの臨戦馬は

1頭も馬券圏内叶っていない。

果たして…



マイシンフォニー→

6走前の中京未勝利戦は

勝ち馬「サウンドビバーチェ」は

3走後にG2チューリップ賞で

勝ち馬「ナミュール」から

0.3秒差の4着に好走する素質馬で、

未勝利戦にしては

相手が強かった感はあるが力負けの内容。

が、特殊な適性が問われる度合いが強い

「重馬場」で別枠。

5走前の阪神未勝利戦は

約4か月半の休み明けで、

2着以下は今の所未勝利のメンバー構成で、

好枠から経済コースを活かし切れた展開利、

2着「ヴィスパメンテ」が

出遅れて大外を回していた

展開利があった感はあるが、

真っ向勝負で押し切ってはいる。

が、この時点では「ヴィスパメンテ」とは

まだ勝負付けは済んでいない内容。

4走前のG2フィリーズレビューは

上位2頭の1着「サブライムアンセム」

2着「ナムラクレア」の2頭の内容が

抜けて良い感はあり、

内容も4番手で、初挑戦のG2で

4着のイメージ程の価値があるかは

微妙なタイミング。

3走前のG2フローラステークスは

インの前有利な展開を経済コースを活かし切り、

6番手追走からの敗戦で、

内容は着順を下回り力負けの内容。

2走前の札幌1勝クラスは

初の古馬混合戦挑戦のタイミングも、

2勝クラス好走馬ゼロの

メンバー構成に恵まれた感はある。

 

終始埒から3頭分以上外並走強いられ続け、

最終コーナーから更に大外を回して

追い込んでの敗戦も、見所なく完敗。

が、特殊な適性が問われる度合いが強い

「洋芝」で別枠。

前走札幌1勝クラスは

2勝クラス好走馬ゼロの

メンバー構成に恵まれた感はある。

 

展開、コース取りなどを考慮しても

勝ち馬には力負けの内容で、

目立った内容ではない。

示してきた内容からは

近5走内容は平行線で、

今の所G1のトライアル重賞で

好走を期待させるほどの

明確な内容は示せていない。

データ的には近2年

前走条件戦で0.1秒以上負けていた臨戦馬は

1頭も馬券圏内叶っていない。

果たして…



ミナモトフェイス→

2走前の小倉未勝利戦は

今の所1勝クラス好走馬ゼロの

メンバー構成に恵まれた感はある中

力負けの完敗。

前走新潟未勝利戦は

2着の今の所未勝利馬と

大差ない内容で目立った内容ではない。

が、特殊な適性が問われる度合いが強い

「新潟競馬場」で別枠。

緩やかに内容良化継続中で引き続き要注意も、
今の所G1のトライアル重賞で好走を期待させる程の
明確な内容は示せていない。

データ的には近2年

「4大競馬場(東京・京都・阪神・中山)の1600m以上のレース」で

勝ち鞍の無かった臨戦馬は

1頭も馬券圏内叶っていない。

 

もう一つ、近2年

「重賞未経験且つ、キャリア8戦未満」の臨戦馬は

1頭も馬券圏内叶っていない。

 

もう一つ、近2年

重賞出走経験がなく、

8月の3週目より前のレースからの臨戦馬は

1頭も馬券圏内叶っていない。

 

もう一つ、近2年

前走未勝利戦からの臨戦馬は

1頭も馬券圏内叶っていない。

果たして…



メモリーレゾン→

3走前のフローラルウォーク賞は

勝ち馬「エンぺザー」は

次走G2ニュージーランドトロフィーで

4着に好走する素質馬で、

インの前有利な展開を

7番手追走から

上がり最速の脚を繰り出しての敗戦も、

直線で前との差を

ほとんど詰められておらず力負けの内容。

2走前の阪神1勝クラスは

G3シンザン記念3着の実績のある

「レッドベルアーム」を下しての勝利も、

「レッドベルアーム」はG3シンザン記念以降、

条件戦馬複数頭に

内容でも着順でも先着を許し続けており、

他の出走馬は2勝クラス好走馬ゼロの

メンバー構成に恵まれた感はあり、

価値は微妙なタイミング。

前走北海ハンデキャップは

初の古馬混合戦挑戦のタイミングで、

軽ハンデと、

絶好枠から最終コーナー手前まで

経済コースを活かして脚を溜められた

展開利があった感はあるが、

残り700m辺りから

終始埒から4~6頭分以上

外並走覚悟で大外に持ち出し、

早めに捲っていってのロングスパートで、

上がり最速の末脚を繰り出し差し切っており好内容。

内容良化継続中で引き続き要注意で、

通用するかどうかは別問題も、

引き続きの成長と展開利があれば、

好走しても驚けない内容は示している。

惑星候補の資格はある。

データ的には、近2年

「重賞未経験且つ、キャリア8戦未満」の臨戦馬は

1頭も馬券圏内叶っていない。

 

もう一つ、近2年

重賞出走経験がなく、

8月の3週目より前のレースからの臨戦馬は

1頭も馬券圏内叶っていない。

果たして…



ラリュエル→

4走前の阪神新馬戦は

絶好枠から経済コースを

活かし切れた感はあるが、

横綱競馬で2走後のG3きさらぎ賞で

1番人気(5着)に推される

「ストロングウィル」を

真っ向勝負で下しており、

新馬戦にしては相手が強かった感はある。

3走前のG3クイーンカップは

キャリア2戦目での重賞挑戦で、

好枠から経済コースを活かせた

展開利があった感はあるが、

 

直線で前が壁になり、減速し踏み直し、

更に16番「スマイルアップ」と

埒に間の1頭分無いスペースを

無理やりこじ開け、踏み直して

近いポジションから競馬をしていた

後の2冠馬「スターズオンアース」から

0.3秒差まで追い込んでおり、

 

スムーズだったならば、

もっときわどい勝負が出来ていた可能性が高く、

5着以下の馬達とは着差以上に内容差があり、

先着を許した組とは

この時点ではまだ勝負付けは済んでおらず、

悲観すべき内容では無い。

2走前のG2チューリップ賞は

デビュー戦から馬体重を

マイナス14kg減らしてしまった

キャリアで最も軽い馬体重での挑戦

 

上位6頭までは全馬G1秋華賞まで

展開利があれば3着以内を狙える

パフォーマンスを続けている

「世代最上位クラスの素質馬達」ではあったが、

終始埒から3頭分以上

外並走強いられ続けての敗戦も力負けの内容。

前走都井岬特別は

インの前有利な展開を

直線まで並びかけられることもなく

小頭数競馬を

楽に逃げられた展開利があった感はあり、

ゴール前着差以上に余裕はあったものの、

2着「エグランタイン」とは

この時点では勝負付けは済んでいない内容。

示してきた内容からは、

3走前のG3クイーンステークスの内容と、

「1800m以上のレース」では

2戦2勝と負け無しの中での内容良化継続中で、

引き続きの成長と展開利があれば、

「中京競馬場」の適性次第では

好走しても驚けない内容は示している。

惑星候補の資格はある。

データ的には近2年

「キャリア5戦未満」の臨戦馬は

1頭も馬券圏内叶っていない。

 

もう一つ、近2年

「G1オークス」以外の

8月2週目より前のレースからの臨戦馬は

1頭も馬券圏内叶っていない。

果たして…



ルージュリナージュ→

2走前のカーネーションカップは

終始前に壁が作れない形で

埒から3頭分以上外並走強いられ続け、

勝ち馬「ストーリア」と

馬体を合わせての真っ向勝負で

一度は「ストーリア」の

前に出るシーンもあった中での敗戦ではあったが、

ゴール前では差し返され、

着差以上に「ストーリア」には余裕があった感はあり、

このレース以外では

1勝クラスでの明確な馬券内実績が無い

3着「ショショローザ」

4着「モカフラワー」と

大差ない内容での敗戦

価値は微妙なタイミング。

前走新潟1勝クラスは

初の古馬混合戦挑戦のタイミングで、

今の所2勝クラス好走馬ゼロの

メンバー構成に恵まれた感はあるが快勝。

が、特殊な適性が問われる度合いが強い

「新潟競馬場」で別枠。

データ的には、近2年

「重賞未経験且つ、キャリア8戦未満」の臨戦馬は

1頭も馬券圏内叶っていない。

果たして…



ロマンシングブルー→

3走前の阪神未勝利戦は

今の所1勝クラスで明確な馬券内実績のない

2着「チェルノボーグ」と大差ない内容

目立った内容ではない。

2走前の忘れな草賞は

デビュー戦から馬体重マイナス22kgでの

出走ではあったが、見所無く完敗。

前走小倉1勝クラスは

約3か月ぶりの休み明けで、

勝ち馬「ストロングウィル」は

4走前のG3きさらぎ賞で

1番人気に推されていた(結果は5着)

素質馬ではあったが、

ゴール前の一伸びで突き放されていた感はあり、

力負けの内容。

 

が、3着以下はこのレース以外の

1勝クラス馬券内好走実績があった馬はいなかったものの、

3馬身半以上突き放して、

勝ち馬から0.1秒差まで食らいついており、

 

「ストロングウィル」が

3歳春までに受けていた世間からの好評価通り、

夏場に急成長を遂げているならば、

「ストロングウィル」のポテンシャル次第では好内容。

内容良化継続中で引き続き要注意で、

引き続きの成長と展開利があれば、

初挑戦の「中京競馬場」の適性次第では

3着くらいに引っかかっても

驚けない内容は示している。

データ的には近2年

前走条件戦で0.1秒以上負けていた臨戦馬は

1頭も馬券圏内叶っていない。

 

もう一つ、近2年

「重賞未経験且つ、キャリア8戦未満」の臨戦馬は

1頭も馬券圏内叶っていない。

 

もう一つ、近2年

重賞出走経験がなく、

8月の3週目より前のレースからの臨戦馬は

1頭も馬券圏内叶っていない。

果たして…



G2ローズステークス自体のデータ①→

データ的には近2年

重賞で4着以内且つ勝ち馬から0.2秒差以内での

好走実績が無かった

前走条件戦からの臨戦馬は

「2つのポイント」のいずれかを必ず満たしていた。

 

「1つ目のポイント」は

「前走1番人気」に推され、

「上がり3位以内」で

「2着に0.2秒差以上付けての快勝」だった事。

 

「2つ目のポイント」は

「前走2番人気以内」に推され、

道中11番手以下の追走から、

最終コーナー13番手以下から

「上がり1位」の末脚を繰り出し

「勝ち馬からタイム差無しでの2着、もしくは1着」だった事。

 

「今年の該当馬」
「メモリーレゾン」(予想段階で7番人気)
(ただし過去の該当馬は前走「斤量52kg」で「前走新潟競馬場」、

同馬は前走「斤量51kg」で「前走札幌競馬場」)



「キャリアとローテーションの組み合わせ」ではマイナスがなさそうな大穴候補1頭→

近2年のデータ的には

「大穴候補」の資格がありそうなのは…

 

「ヒヅルジョウ」(予想段階で11番人気)

果たして…



「出走馬診断」の段階での「競馬新聞とサヨナラ!通信」的な「注目の穴馬候補2頭」→

結果はどうあれ、週初めでの独断と偏見的には…

 

「ラリュエル」(予想段階で5番人気)
「ロマンシングブルー」(予想段階で10番人気)

同週の「G2セントライト記念2022」の出走馬診断はこちら

同週の「G2ローズステークス2022」の馬券予想はこちら

同週の「G2セントライト記念2022」の馬券予想はこちら

2022年G1凱旋門賞予習記事はこちら


出走馬診断を終えてみると…

 

冒頭で触れさせていただいたように、

近2年の好走馬達と、

今年の出走馬たちの

出走前の時点での「キャリア実績」や

「ローテーション」

「特性」などは合致しない事が分かる事が

大切なレースとなりそうな感はあります。

 

結果はどうあれ、個人的には

「馬柱」のパッと見からのイメージ以上に、

各路線のレースやメンバーの

レベル差があるのではないかと感じた部分はあります。

 

「中京競馬場」は「枠順」と「立ち回り力」

「展開」が与える影響は大きい競馬場でもあるので、

「枠順」発表を待ちながら

仲間と熱く語り合い、

5週連続での的中目指して、

地元「中京競馬場」開催でもありますし

引き続き楽しみながら予想を続けていきたいと思います!

同週の「G2セントライト記念2022」の出走馬診断はこちら

同週の「G2ローズステークス2022」の馬券予想はこちら

同週の「G2セントライト記念2022」の馬券予想はこちら

2022年G1凱旋門賞予習記事はこちら


本日と明日の中京競馬場近隣天気予報

今週も年間回収率を高められるような
馬券を考えていきたいですね!
仲間と熱く語り合い
今週も競馬ライフを
楽しんでいきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました