「競馬新聞とサヨナラ!通信」Vol.56「京成杯2022」出走馬診断

2022年1月

競馬は大好きだけど

「出馬表を見ても、

自分がどの馬から買えばよいのか、

理由やヒントが見つけられない」

そんな経験はありませんか?


恥ずかしながら

長い間わたし自身もずっとそうでした。

ですが、

競馬をもっと楽しんでいくために、

「自分だけの馬券術」を

身につけていきたいと思い、

JRAサイトで無料で閲覧可能な

過去のレース映像や、

過去の競走馬たちが

残していってくれた

データなどから、

「なぜ自分がこの馬券を購入したいのか」の

理由を持てるようになりました。

 

全重賞レースでです。

 

いつもブログを読んでくださり

ありがとうございます!

カレー屋さん勤務一筋の

「カレー屋さん」です。

 

このブログを読んでくだされば

「なぜ自分がこの馬券を購入したのか」

その理由を持てるようになる

一助になると思います。

 

競馬仲間と語り合う時の

ネタも拾えると思います。

今回は「京成杯2022」の

馬券購入へ向けたヒントを

探していきたいと思います。



それでは「レース登録馬」を
順にみていきたいと思います。

アライバル→

2走前の新馬戦は

今の所重賞好走馬ゼロの

弱いメンバー構成を楽に先行できた

展開利があった感はあるが

横綱競馬で力の違いを見せつけた。

前走新潟2歳ステークスは

特殊な適性が問われる度合いが強い

「新潟競馬場」で別枠。

内容良化継続中で
引き続き要注意。

データ的には近10年

「前走G1朝日杯以外の1600m」

からの臨戦馬は

1頭も馬券圏内叶っていない。

果たして…



ヴェローナシチー→

2走前の新馬戦は

今の所重賞で好走を期待させる程の

明確な内容は示せていない

メンバー構成に恵まれた感はあるが

見所なく完敗。

前走阪神未勝利戦は

2着以下は今の所未勝利の弱いメンバー構成

恵まれた感はあり

目立った内容ではない。

内容良化継続中で
引き続き要注意も、
今の所重賞で好走を期待させる程の
内容は示せていない。

データ的には近10年

「前走から中3週以内」の臨戦馬は

1頭も馬券圏内叶っていない。

果たして…



ヴェールランス→

2走前の新馬戦は

好枠から経済コースを活かせた

展開利があった感はあるが、

横綱競馬で、

2走後にG2東京スポーツ杯で

3着に好走する

「テンダンス」を下しており好内容。

前走エリカ賞は

レコード決着の立ち回り戦を

外目の枠からの発走とは言え、

経済コースを活かせた感はあり、

展開やコース取りを考慮すると

勝ち馬「サトノヘリオス」には

やや内容は劣る。

内容良化継続中で
引き続き要注意。
果たして…

オディロン→

今の所芝重賞で好走を期待させる程の
内容は示せていない。
今回は楽な戦いにはならないか。
果たして…

オニャンコポン→

3走前の新馬戦は

今の所1勝クラス好走馬ゼロの

弱いメンバー構成

楽に先行できた

展開利があった感はあるが、

横綱競馬で余裕を持って

押し切ってはいる。

2走前の百日草特別は

前有利な展開を

楽に先行できた

展開利があった感はあるが、

早め先頭の横綱競馬で

押し切っており悪くない。

3着の「レッドラディエンス」が

次走ベゴニア賞を制している事と、

2着の「ホウオウプレミア」は

内容ナンバーワン継続中という事を考慮すると、

通用するかどうかは別問題だが、

同馬も1600m以下の

重賞挑戦権は手にしたか。

が、この時点では内容は

2着馬の「ホウオウプレミア」と

互角かやや劣るか。

前走ホープフルステークスは

最終コーナーでは既に馬群に沈み、

力尽きてしまっており

見所なく完敗。

今回はメンバー弱化の

可能性が高いタイミングも、

前走負け過ぎな感はあり、

好走した2走は

小頭数のスローペースを楽に先行できた

展開利があってのもので、

フルゲートの重賞のペースでは

今の所好走を期待させる程の

内容は示せていない。

今回は楽な戦いにはならないか。

データ的には近10年

「前走ホープフルステークスで

馬券外(4着以下)」からの臨戦馬は

1頭も馬券圏内叶っていない。

 

もう一つ、近10年

「前走0.6秒以上負け」ての臨戦馬は

1頭も馬券圏内叶っていない。

果たして…



サンストックトン→

3走前の新馬戦は

スローを楽に先行できた

展開利があった感はあり、

勝ち馬「ホウオウプレミア」は

次走百日草特別でも

内容ナンバーワンタイ以上で

好走しており、

「ホウオウプレミア」は

通用するかは別問題も、

G3挑戦権を持てる内容は示しており、

新馬戦にしては

相手が強かった感はある。

2走前の中山未勝利戦は

勝ち馬「レヴァンジル」は

次走中山1勝クラスで、

G3挑戦権持てる内容を示している

「アスクビクターモア」と

タイム差無しの接戦を演じており、

「アスクビクターモア」は

通用するかは別問題も、

G3挑戦権を持てる内容は示しており、

未勝利戦にしては

相手が強かった感はある。

前走東京未勝利戦は

今の所芝レース未勝利の

弱いメンバー構成

恵まれた感はあるが、

早め先頭の横綱競馬で

力の違いを見せつけた。

示してきた内容からは、

馬柱のイメージよりも

濃い経験を積んできており、

重賞挑戦権を持てる内容は示している。

内容良化継続中で

引き続きの成長と、展開利があれば、

好走しても驚けない内容は示している。

惑星候補の資格はある。

果たして…

タイセイディバイン→

5走前の新馬戦は見所なく完敗。

4走前の小倉未勝利戦は

今の所1勝クラス好走馬ゼロの

弱いメンバー構成

恵まれた感はあり

目立った内容では無く、

重馬場で別枠。

3走前の阪神未勝利戦は

勝ち馬「ジャスティンロック」は

通用するかは別問題も、

G1挑戦権を持てる内容を示しており、

未勝利戦にしては

相手が強かった感はあるが

力負けの内容。

2走前の阪神未勝利戦は

勝ち馬「ポッドボレット」は

次走G3京都2歳ステークスで

力負けの内容とは言え、

次走ホープフルステークスで

4着に好走していた「フィデル」と

0.2秒差の4着に好走しており、

未勝利戦にしては

相手が強かった感はあるが

力負けの内容。

前走阪神未勝利戦は

今の所未勝利の弱いメンバー構成

スローで楽に逃げられた

展開利があった感はあり

目立った内容では無い。

内容良化継続中で
引き続き要注意も、
今の所重賞で好走を期待させる程の
内容は示せていない。
今回は楽な戦いにはならないか。
果たして…



テラフォーミング→

2走前の新馬戦は

今の所1勝クラス好走馬ゼロの

弱いメンバー構成と、

スローの前有利な展開を

経済コースを活かし切り、

楽に先行出来た

展開利があった感はあり

目立った内容ではない。

前走東スポ杯2歳ステークスは

見所なく完敗。

今の所重賞で好走を期待させる程の

内容は示せておらず、

今回は楽な戦いにはならないか。

データ的には近10年

「前走0.6秒以上負け」ての臨戦馬は

1頭も馬券圏内叶っていない。

 

もう一つ、近10年

「前走東スポ杯」からの臨戦馬は

1頭も馬券圏内叶っていない。

果たして…



テンダンス→

3走前の新馬戦は

スローの前有利な展開を

楽に先行出来た

展開利があった感はあるが、

勝ち馬「ヴェールランス」と真っ向勝負で

3着以下には3馬身半以上の

差を付けて

力の違いを見せつけての

僅差の2着で、

勝ち馬「ヴェールランス」が

実力馬だった時のみ

悪くはない。

2走前の阪神未勝利戦は

今の所1勝クラス好走馬ゼロの

弱いメンバー構成

恵まれた感はあるが、

直線で進路が狭くなった際に、

馬群を割る勝負根性も見せながら、

横綱競馬で後続を

4馬身以上千切り捨てており、

力の違いを見せつけた。

前走東スポ杯2歳ステークスは

重賞初挑戦が王道の出世G2で、

好枠から経済コースを活かせた

展開利があった感はあるが、

早め先頭の真っ向勝負での敗戦で、

4着以下は3馬身以上千切り捨て、

2着馬「アサヒ」と

0.1秒差ならば好内容。

内容良化継続中で
引き続き要注意。

データ的には近10年

「前走東スポ杯2歳ステークス」

からの臨戦馬は

1頭も馬券圏内叶っていない。

果たして…



トゥーサン→

新馬戦は

今の所1勝クラス好走馬ゼロの

弱いメンバー構成に

恵まれた感はあるが、

不利な大外枠発走から

終始前に壁が作れない形で、

埒から3頭分以上

外並走強いられ続け、

早め先頭の横綱競馬で

余裕を持って押し切っており

悪くない内容。

が、重馬場で別枠。

今の所負け無しで
引き続き要注意。

京成杯は「G1皐月賞を目指す牡馬」が

集まる傾向もあり、

牝馬の同馬には、

牡馬混合中距離重賞は

楽な条件ではない。

データ的には近10年

前走新馬戦からの臨戦馬は

「東京競馬場」「阪神競馬場」

「中山競馬場」以外の競馬場からの

臨戦馬は1頭も

馬券圏内叶っていない。

 

もう一つ、近10年

「牝馬」は2着が1回で他は全滅。

唯一馬券内叶ったのは

2020年1番人気2着だった

「スカイグルーヴ」1頭のみ。

前走「東京2000mの新馬戦」を

1番人気で逃げて

2着に0.9秒差を付けての

圧勝からの挑戦だった。

果たして…



トーセンヴァンノ→

5走前の函館2歳ステークスは

見所なく完敗。

4走前のコスモス賞は

弱いメンバー構成を

楽に先行できた

展開利があった感はあり

目立った内容ではない。

3走前の札幌2歳ステークスは

勝ち馬「ジオグリフ」と

その他のメンバーの

実力差があり過ぎて、

先行馬が一掃されてしまった

展開利があった感はあり、

G3で3着ほどの

内容は示せていない。

2走前の東スポ杯2歳ステークスは

見所なく完敗。

前走ジュニアカップは

終始埒から3頭分以上

外並走強いられ続けての

真っ向勝負での敗戦ではあったが、

力負けの内容。

近走目立った内容は示せておらず、

連闘でもある今回は、

楽な戦いにはならないか。

データ的には近10年

「前走G1朝日杯以外の1600m」

からの臨戦馬は

1頭も馬券圏内叶っていない。

 

もう一つ、近10年

「前走0.6秒以上負け」ての臨戦馬は

1頭も馬券圏内叶っていない。

もう一つ、近10年

「前走から中3週以内」の臨戦馬は

1頭も馬券圏内叶っていない。

果たして…



ニシノムネヲウツ→

3走前の新馬戦は

特殊な適正が問われる度合いが強い

「新潟競馬場」で別枠。

2走前の中山未勝利戦は

インの前有利な展開を

好枠から経済コースを活かし切り、

楽に先行できた

展開利があった感はあり、

内容は勝ち馬「ロードカテドラル」に

着差以上に劣る。

前走東京未勝利戦は

今の所1勝クラス好走馬ゼロの

弱いメンバー構成

スローで楽に逃げられた

展開利があった感はあり

目立った内容ではない。

内容良化継続中で
引き続き要注意も、
今の所重賞で好走を期待させる程の
内容は示せていない。
今回は楽な戦いにはならないか。
果たして…



ハナキリ→

芝レース初挑戦という可能性は残るが…

データ的には近10年

「前走ダート」からの臨戦馬は

1頭も馬券圏内叶っていない。

果たして…



フジマサフリーダム→

新馬戦は

今の所1勝クラス好走馬ゼロの

弱いメンバー構成に

恵まれた感はあり、

展開、コース取り、斤量差を考慮すれば

2着の「ロジハービン」と

大差ない内容。

が、洋芝で別枠。

今の所負け無しで
引き続き要注意。

データ的には近10年

前走新馬戦からの臨戦馬は

「東京競馬場」「阪神競馬場」

「中山競馬場」以外の競馬場からの

臨戦馬は1頭も

馬券圏内叶っていない。

果たして…



ホウオウプレミア→

新馬戦は新馬戦は

今の所1勝クラス好走馬ゼロの

メンバー構成に

恵まれた感はあるが、

2着馬「サンストックトン」は

次走中山未勝利戦で、

通用するかは別問題だが、

G3挑戦権持てる内容を示している

「レヴァンジル」と接戦を演じており、

新馬戦にしては相手が強かった感はある。

インの前有利な展開を

2着馬「サンストックトン」より

後ろの外からゴール前着差以上に

余力を感じる内容で差し切っており、

2着馬「サンストックトン」の

ポテンシャル次第では好内容。

前走百日走特別は

スローのインの前有利な展開を、

大外枠発走から

直線でも上がり最速で

大外を回して追い込んでの敗戦で、

内容は勝ち馬「オニャンコポン」を上回る。

3着に下した「レッドラディエンス」が

次走ベゴニア賞を制し、

1600m以下の重賞ならば

挑戦権を手にしており、

悲観すべき内容ではない。

今の所内容ナンバーワンタイ以上継続中で
引き続き要注意。
果たして…



ルークスヘリオス→

3走前の新馬戦は見所なく完敗。

2走前の東京未勝利戦は

見所なく完敗。

前走中山未勝利戦は

今の所未勝利の弱いメンバー構成と

軽斤量に恵まれた感はあり

目立った内容ではない。

内容良化継続中で
引き続き要注意も、

今の所重賞で好走を期待させる程の

内容は示せていない。

Twitterをいつも盛り上げてくれている

「はなれめうどん」さんの

「永野猛蔵ジョッキー」を

最終Rで応援する

「タケゾーチャレンジ」の重賞版!

炸裂なるか!?

果たして…



ロジハービン→

2走前の新馬戦は

3着以下は今の所未勝利の

弱いメンバー構成に

恵まれた感はある。

内容的には最終コーナーで

前が壁になる形で外から蓋をされ、

踏み遅れ、直線では大外に持ち出し

上がり最速で差を詰めての敗戦で、

軽斤量に恵まれたとはいえ、

展開、コース取りを考慮すれば

内容は勝ち馬「フジマサフリーダム」を上回る。

前走中山未勝利戦は

2着以下は今の所未勝利の

弱いメンバー構成と、

好枠から経済コースを活かせた

展開利があった感はあるが、

インの前有利な展開を、

最終コーナーでは

前が壁になる形で

外から蓋をされ踏み遅れ、

直線でも前が壁になり減速し、

外に持ち出し直し踏み直す

不利を受けており、

ゴール前では着差以上に

余裕はあった感はあり、

内容は着差以上に

2着以下の馬達を上回る。

示してきた内容からは、

2レースとも、

「見た目以上のポテンシャル」を

示しているが、

戦ってきた馬達は

新馬戦の勝ち馬「フジマサフリーダム」以外

全馬今の所未勝利と、

かなり相手に恵まれてきた感はある。

内容良化継続中で
引き続き要注意も、
今の所重賞で好走を期待させる程の
明確な内容は示していない。
果たして…



出走馬診断を終えてみると…

「競馬新聞とサヨナラ!通信」的には

来ても来なくても

「馬券候補に残す馬」は

あまり悩まずに決まりそうです。

引き続き楽しみながら予想を続けていきたいです!

同週の「日経新春杯2022」の出走馬診断はこちら

同週の「愛知杯2022」の出走馬診断はこちら

同週の「日経新春杯2022」「京成杯2022」の馬券予想はこちら



先週はG3フェアリーステークスで

今年初の重賞での馬券を

的中することができました!

「ワイド」7倍

「馬連」15.5倍

「3連複」82.5倍

「3連単」391倍

の4連コンボでした!

先週シンザン記念での的中報告を頂いたSさん!

フェアリーステークスで的中報告をいただいたSさん!

的中本当におめでとうございます!

引き続き皆様の競馬ライフを

楽しむ一助となれるような

ブログを運営していけるように

努めていきたいと思っておりますので、

引き続き宜しくお願いします!

本日と明日の中山競馬場近隣天気予報

今週も年間回収率を高められるような
馬券を考えていきたいですね!
仲間と熱く語り合い
今週も競馬ライフを
楽しんでいきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました